FC2ブログ

デイライトの取り付け

最近デイライトを取り付けている車が多くなりました。
流行ってきた事もあり各メーカーから沢山の種類が出ています。
そんな訳でいよいよ取り付けてみる事にしました。

とにかく出回っている種類が多く、どれにするか迷いに迷った末、ミラリード社製のデイマーカーライトDXを買いました。

ブルーLED16灯使用のスリムランプで、ナイトスライダーモードという機能が付いています。

この商品は手元スイッチで電源のON・OFFと点灯モードの切替が出来ます。

振動センサーで勝手に点いたり消えたりするタイプは、いくら消費電力の少ないLEDとはいえバッテリーに良くないだろうし、やっぱりON・OFFは任意に行いたいですからね。

ライト本体は非常にスリムで軽量に出来ています。

携帯電話と比べると大きさが良く解るかと思います。

本体サイズはW150mm×H13mm×D24mm

L時型の専用ステーが付いていて、本体を両面テープとビスで固定します。

取り付けは特に配線加工をする必要も無く簡単で、本体を固定してスイッチの線を車内に引き込むだけでです。

とりあえず仮止めして完成イメージを確認しました。

チェイサー(JZX90)にはバンパー下にちょうど良い金具が付いていましたので、デイライトのステーを挟み込んで両面テープで固定しました。

説明書には更にビスで止めるようにありますが、バンパー下の金具に奥から引っ掛けるように固定したので、両面テープだけでも余程の事が無い限り取れてしまうこちは無いと思います。

次に、タイバンドでボンネット内の配線をキチンと固定して、スイッチへ繋げる配線を車内へ引き込み、シガーライターから電源を取るタイプなのでこれで取り付け完了です。

これが常時点灯モードです。
光量は物足りないような気がしますが発色はきれいです。

あとこの機種にはナイトライダーモードというお遊びモード機能がついていて、手元スイッチで切替が出来ますが、このモードは一般道で使用すると道路交通法に違反するようです。

さて、気になる車検ですが、以下を守れば通るようです。
・保安基準規定第42条「その他灯火類」300cd(カンデラ)以下であること
・ヘッドライトの中心以下・車輌最外側400mmまでの範囲・地上高250mm以上であること(*これは300cd以上ある前照灯についての規制です。一般的に300cd以下であるLEDを使用したデイライトは「その他灯火類」のため、取付位置については特に規制は無いようです。)
・純正のヘッドライトやスモールに連動させて点灯させないこと

 

スポンサーサイト



FC2カウンター
メニュー
管理者