FC2ブログ

自作PCを実際に使い始めてからのレポート

自作PCで何か気がついたことやトラブル等を
書き留めておこうと思います。
何も無ければ更新しませんのでご了承ください。

2006/01/06メイン機(Aopen)も2号機(ASUS)も
ここしばらく全くのトラブル無しで順調に動作しています。
特に書き留めるような事でも無いのですが、
セキュリティーソフトの更新をしましたので
記録しておこうかと思います。
両機ともトレンドマイクロ社のウイルスバスター2005を
使用していましたが、先日2006が発売されましたので
バージョンアップを行いました。
2005を使用しているユーザーは2006へ
無償でバージョンアップが出来ますが、
もちろん契約期間内のことですので
引き続き使用するには別途に更新料を支払う必要があります。
シリアル更新手続きは3,150円(1年間)で
クレジット決済のみですが、ネット上で手軽に行う事ができます。
所要時間はたったの2分ほどで、あっと言う間に完了しました。
今回更新したのはメイン機(Aopen)だけでしたが、
近い内に2号機(ASUS)も行う予定です。
2005/03/25ATI製のグラフィックボードRADEON7000を3,980円で購入しました。
3Dゲームを動かす予定も無いので高価な物は必要ありませんから、
性能的にはオンボードよりは多少良い位のレベルのボードです。
自作2号機でRADEON7500を使っていますが
ファンの音がわりと煩いので、今回はファンレス仕様のタイプを選びました。 
早速取り付けて使用したところ、
ウソの様ににチラツキが治まり大変安定した画面になりました。
2005/3/23先日購入したPCモニターが届きましたので、
早速繋いでセットアップをして使い始めました。
発色や明るさなどの状態は良く、
全体的にこの価格帯としてレベルは高くて満足でしたが、
オンボードのグラフィックボードの性能的な問題もしくは
相性の問題なのか多少のチラツキが気になります。
症状は実用範囲内として問題ないレベルですが、
それでもやっぱり気になってしまい
調整を繰り返しましたが結局は解消されませんでした。
アナログ接続機なのでこんなものなのかも知れませんが、
そのうちに手頃なグラフィックボードをゲットして試して見ようと予定してます。

2005/3/20

 

しばらくの間ノントラブルで安泰でしたが、
本日メイン機のモニターがついに壊れました。
どうも赤系の色を発色しなくなったみたいで、
全体的に真っ青の画面になってしまいました。
とりあえずバシッ!と気合を入れてやったら一旦は
正常に戻りましたが、すぐに又おかしくなってしまいました。
このモニター(FMV-DP-976 17型)は3年程前に中古
(4800円)で購入した物ですから、
もうタップリ元を取ったかと思います。
このままではモノクロ画面のようで使い物になりませんから、
早急に代替を購入しました。
購入した製品は(右の写真)e-Yama17AC2で、
価格は23,000円に送料1,260円でした。
新品の17インチ液晶モニターが
この価格で購入出来るとは意外でした。
聞いた事の無いメーカーだったらもう少し安い物もありましたが、
あまり値段優先で購入すると
後になってから後悔しそうな気がしますしからね。

 

2005/1/5子供用にお下がりしたFMVのモニターが故障してしまいましたので、
早速ヤフオクで安物の中古液晶をゲットしました。
実際に到着したら意外に美品で、
更に動作確認してみたら発色も良く凄く見やすいので、
子供用には惜しくなり自作2号機で使用することにしました。
そして自作2号機でこれまで
使っていたモニターを子供用にお下がりしました。
今回入手したのは、
FMV-DESKPOWER のセットモニターで三菱のOEMです。
20PINデジタル端子の接続のため入札者が少なく、
5,750円という安値で落札になりました。
MDR20PINをDVI24PINに変換するアダプタを
650円で購入して接続していますが、動作は良好です。
2004/11/26自作2号機が突然不調を訴えました。
いろいろ調べた結果OSのファイル破損が原因と判明し、
WinXPを入れ直し無事に復旧しました。
マザーボードかハードディスクに原因があるような気もしますが、
ウイルスによる被害とも思えるし、
ハッキリとした原因は解りませんでしたが、
念のため上書きしないでクリーンインストールを実行しました。
2004/10/17メイン機(Aopen)に中古で買ったスカパーのチューナーを接続しました。
但し新規に視聴契約は行わず、
自宅で契約して使っているチューナーのICカードを使いまわします。
TVチューナーボードの画素数が最大720×480と
貧弱ですから全画面表示にすると画質は落ちますが、
仕事をしながら見たりするのが主な用途ですから十分実用範囲内ですし、
録画もハードディスクに出来ますから使い勝手が良く満足しています。
2004/09/21自作2号機のOSをWin2Kから
WinXPに変更しました。
その結果、WEB通信速度もグーンとアップして
有線ルータ経由で18.5Mbpsとなり、とっても快適な環境となりました。
この機に関して更に手を加える所は
メモリの交換くらいでしょうか・・・
現在取り付けてあるバルクメモリの相性が今ひとつで、
時折メモリエラーが出てしまいます。
マザーボードの推奨メモリ規格はPC2700でしたが、
予算の関係もあってPC2100を装備しています。
重大なトラブルには今のところなっていないし
財布も軽いので、しばらくは様子をみますか・・・
2004/09/16無線LANのブロードバンドルータを新型に交換しました。
これまではメルコのWLAR128エアステーション
(ISDN無線LANルータ)をファームウェアの書換をして
ADSL無線LANルータとして使っていましたが、
このルータのスループットは2Mbpsが上限の為
せっかくフレッツ40Mに回線契約をグレードアップしても
性能上の問題で2Mbps以上は速度が上がりません。
丁度良い機会なのでメルコのWBR2-G54/P 54Mを購入しました。
詳細は→ http://web.archive.org/web/20070826011548
/http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/
catalog/item/w/wbr2-g54_p/index.html
2004/09/08自作2号機用にDVDマルチドライブを中古で購入しました。
機種は、I・O DATAのDVR-ABH4SBKという内蔵型で、
RAM、±R/RW、全部対応しています。
新品定価は22,500円ですが中古の
個人売買で6,050円(+送料500円)での購入でした。
メーカー詳細は→http://web.archive.org/web/20070826011548/
http://www.iodata.jp/prod/storage/dvd/2
003/dvr-abh4sbk/print.htm

販売店保障(ヨドバシカメラ)も16年の3月まで付いていますので、
大変お買得だったと思っています。
2004/08/31自宅用に自作2号機を組み上げました。
実際のところ自作5機目になりますが、
前に組んだ2~4号機はFMVベースの改造機ですから、
正式には今回で2機目となります。
気になるスペックは、
CPU Pentium4 2.8GHz・マザーボードASUS P4S533・
メモリDDR PC2100 512MB CL2×2枚・
HD日立120GB HDS722512VLAT20・
電源AOPEN FSP400-60GN・
グラフィックボードATi RADEON7500・
OS Windows2000Professional となります。
ハードディスクとメモリは新品で購入し、
後は全て中古品もしくは手持ちの品で組みました。
そのうち時期を見てDVD-RAMを
買い足す予定ではいますが、
しばらくはこのままで使用する事になります。
2004/06/12TVチューナーボードとハードディスク購入しました。
TVチューナーボードはPCIで空がありますので
難なく取り付けが出来ましたが、
ハードディスクの増設はIDEですから全て埋っています。
DVD・CD・HD・FDと接続してありますので、
使用頻度の最も低いFDを外そうかと思いましたが、
CDはDVDで賄えるので無難にCDを
取り外し今回のHDを増設しました。
160GBという事もありフォーマットに
要した時間は約90分、音はすごく静かです。
しばらくの間は録画専用となりますので、
パーティションは区切りませんでした。
TVチューナーボードの方は思っていたより高画質で、
心配していた音とびもチラツキも無く、嬉しい誤算となりました。
TVチューナーボード : I-Oデータ GV-MVP/RX
HD : 日立IBM HDS722516VLAT80 (160GB)
2003/12/19ウイルスを撃退しました。
半月前ほどから、なんとなくシステムの反応が悪く、
アプリソフトの立ち上がりも遅くなったような気がしていました。
メールに関しては、プロバイダーのウイルスチェックサービスを
契約していますから特に問題はなかったのですが、
Webからのファイルダウンロードなどの時に混入したものと思われます。
混入していたウイルスはWin32.Parite.b
というメモリ常駐型のファイル感染型ウイルスです。
危険度は低く、感染活動以外に特に
悪質な破壊活動は行わないのですが、
やたらと増え続けますので早めの駆除が理想的のようです。
これまで使っていたワクチンソフトは、
ウイルスバスター2001でしたから
完全に駆除できずに一部残っていたようです。
良い機会なのでウイルスバスター2004を購入しました。
なんと驚くことにWin32.Parite.bが500以上も検出されました。
全て撃退に成功し調子よくなりました。
2003/09/13ビデオカードを購入しました。
オンボードのビデオカードがあまりにも貧弱で、
ちょっとした画像編集をする時にでも
役不足を感じていましたのが購入の理由です。
3Dゲームをする予定もないので高性能な物に
拘る必要もありませんから、
標準より下のグレードで手頃な物を
行き当たりばったりで買いました。
結局購入したのはATI社製の
RADEON7500 64MBですが、
使ってみた感想はオンボードよりは
幾らかマシかなぁ・・という程度でした。
でもとりあえず、モニターの
チラツキが無くなりグラフィック表示は安定感が出ましたので、
無いよりはあったほうが良いかも知れません。
但し、このビデオカードは
冷却ファンの音がうるさくて困りました。
音が大きいのでは無くて、
とっても耳障りというか気になる音質です。
2003/08/05最近になって購入したDVDマルチドライブ
DVDビデオカメラは、
とつても使い勝手が良く重宝していますが、
この事でパソコン本体が一部役不足ぎみになってきました。
現在サウンドカードとビデオカードは
どちらもオンボードを利用していますが、
ビデオカードは増設しないとやっぱりダメみたいです。
インターネットと仕事(経理事務)が
主な利用割合を占めていますので、
これまではオンボードで十分事足りていましたが、
DVD関連を始めてしまった今となっては、
ビデオカードの必要性が高まってきました。
なにを買ったら良いのか解りませんから
現在のところ下調べ中ですが、
ゲームをする予定も無いので高価なものは必要ないと思っています。
2003/07/25念願だったDVDマルチドライブを購入しました。
機種は、I・O DATAのDVR-ABH2という内蔵型で、
最新のコピーガードSafeDisc2.9が焼ける
ドライブという理由でこの機種にしました。
IDEセカンダリーのマスターに接続し、
元々付いていた標準装備のCDドライブはスレーブにしました。
取り付けにいたっては何のトラブルも無く、
しいて言うならIDEケーブルの長さがギリギリだった事くらいでした。
ドライブ自体の取り付けに要した時間は
わずか3分でしたが、
付属のソフトが8本もあったので、
そちらのインストールには意外に時間が掛かってしまい、
すべての作業が完了するには約40分ほどでした。
2003/05/17最近モニターの調子が今ひとつ・・・
ちらつきがたまに出るようになりました。
ダイヤモンドトロン管とはいえ、
中古品ですから寿命なのかも知れません。
ぼちぼち買い替えを予定したほうが無難かと思いますが、
毎度の事ながら資金が乏しいので新品を買うほどの予算も無く、
オークションをチェックしても良い物はそれなりの取引価格でした。
今更ブラウン管モニターを購入するのも気が引けますし、
せめて15インチ液晶が最低の条件です。
2年落ちで3万円前後、3年落ちでも2万円前後
というのが大よその相場でしたが、又直ぐに駄目になったら困りますから、じっくりと時間をかけて検討するつもりです。
2002/11/28旧PCで使っていたSCSIボードがXPに未対応のため、
これまで使ってきたSCSI機器が新しいPCでは使えません。
XP対応のSCSIボードを買おうかと思いましたが、
使い勝手を考えてUSB-SCSI変換ケーブルを購入しました。
有名メーカー製は高価なので、
新品バルクを通販で購入しましたが、
ちゃんと動作するのか少し心配しています。
XP対応との事でしたが、値段が1,980円ですからね。
2002/11/25前回の『igtxtrayWindow : i
gfxtray.exe 』というエラーメッセージがまた出ました。
仕方が無いので片っ端から調べてみたところ、
ちゃんとした原因が判明しました。
XP標準のグラフィックスをコントロールする
システムがIntel 845Gチップセットの
組み合わせで問題を起こすのが原因でした。
お恥ずかしいことに全くのお門違いで、
解決したと思っていました。
Intel 845Gチップセットについては、
何やら相性関係での問題も多いようです。
結局はこのグラフィックスコントロールを使用不可に設定することで、
今度は本当にエラーメッセージが出なくなりました。
2002/11/24トラブルと言えるほど重大な事では無いが、
PCを起動させると必ず出るエラーメッセージがありました。
『igtxtrayWindow : igfxtray.exe
ドライブCにディスクがありません』というものです。
キャンセルを選択すれば
次回の起動時までこのメッセージは出ませんが、
毎日一回は必ず出る事から大変気になっていました。
でも動作上では何も問題が無いようでしたから、
暇なときにでも対策しようと思ってました。
最初は何かのファイルが無いのかと思っていましたが、
実はメッセージを良く見れば
『ドライブCにディスクがありません』とは、おかしな事です。
だってドライブCはハードディスクだぞ・・・あっ!そうかぁ!
このPCのドライブ構成は
カードリーダーが内臓してありますので普通の順番とは違うのでした。
普通はAがフロッピー、
Cがハードディスク、DがCDドライブとなりますが、
このPCはAがフロッピー、CDEFがカードリーダー、
Gがハードディスクの順番となってます。
ですから、Cはカードリーダーの事になりますので、
ここで気がつきました。
BIOSのブート優先順番を標準設定のまま変更してませんので、
Cがブート選択されているはずです。
早速BIOSを立ち上げて
チェックすると思っていた通りでしたので、CをGに変更しました。
再起動後このメッセージは出なくなりました。
エラーメッセージは良く読まないとだめですね。
それにしてもハードディスクがブート選択から外れていても、
ちゃんとOSが立ち上がっていたのですから
随分気の利いたマザーボードです。
2002/11/20まず最初に使い始めて思ったことは、静かなことに驚きました。
電源ファン、CPUファン、ハードディスク、
本当に動いているのかと疑うほどの静かさでした。
これまでのPCはファンはビービー、
ハードディスクはゴロゴロうるさく音を立てていましたが、
それが当たり前と思ってました。
時代はどんどん進んでいるのですね。
次は画像の表示速度の速さに感激しました。
ホームページ用の画像を
チェックのためサムネイル表示してみたら、
150枚の画像ファイルを一瞬で表示してしまいました。
無理してでもペンティアム4 2.4Gにしてよかったなぁ~と実感。
さらにインターネットの観覧速度も向上しました。
これまで使っていたソフト類も
8割がたインストールしましたが、ハードディスクもまだまだ余裕で、
100G以上あまっています。
でもXPは慣れない事もあって使い辛いですが、そのうち慣れるでしょう。
スポンサーサイト



FC2カウンター
メニュー
管理者